ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
 

N3 愛らしいお花摘みの男の子と女の子のジュイ柄布  美品

商品名 : N3 愛らしいお花摘みの男の子と女の子のジュイ柄布  美品

価格 : 0円(税込)

SIZE:80×154

数量 : 売り切れました。merci


ドキっとするほどに
愛らしい成り立ちの綿布です。

19世紀 N3時代のジュイ柄の
オーガニック時代の綿布です。

地色はベージュ色で、
ムッシュがお花を摘んで
マドモワゼルに渡している姿が
なんとも微笑ましい意匠です。
18・19世紀のモードスタイルがみてとれ
スカートのふんわり感・コルセット
男の子のエレガントな靴など 眺めるだけも楽しいと思います

ここから先は あくまで個人的推測ですが。
恐らくN3 アルザスで作られた布ではないでしょうか。
というのも ムッシューのアルザスの衣装と
ルーアン・アンリ工場の1825年頃の「6月」のジュイ更紗の
オーマージュで
「ルソーの私は木に登った。そして彼女らにさくらんぼをなげつけると 彼女らはその種を
木の間越しに私に投げ返した。一度 ド・ガレー嬢は前掛けを前に差し出し
頭を後ろにひいて 非常に良い姿になった。私はきっと見据え その胸に
さくらんぼの一房を落とし そして微笑みかけた」
のさくらんぼうが お花摘みになって
舞台がアヌシーだったので
それで アルザスでの製作になったのでは?と思いました

ルーアンとアルザスへの混ざり合ったオマージュのジュイ柄の布。
こういうの ちょっと面白いと思います(^^

(全く違っていたら すいません。
布1枚で 妄想が止まらなくなる布でした。)

一部 手彩色。
この時代に まだこういう丁寧な布を作る工場が
あったのですね。
裏をみると また色々な事がわかる布です 



見落しがあるかもしれませんが1ケ所 ちいさな茶シミ
ほんのり 色づき 点の様なホールありますが
大きな破れや目立つダメージはありません。
とても良いコンディションです

綿は はりがあり
キルトなどの解いたものではありません

1ケ所 耳あり
3ケ所 切り離し

よくこの布が こんなに良いコンディションで
残っていてくれたと思います

クロスやカーテン インテリアなどに・・・
ベージュの色目が儚くて
ものがたりの様な成り立ちです

N3時代の布でもこういう人物柄の愛らしい意匠で
ちゃんと作られた布は コレクターが多く
蚤の市などには ほとんど出てきません

さがされていた方はぜひ。