ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
今日
 

古い時代の儚く美しいジュイ更紗×紫ストライプのピケ 50×71

商品名 : 古い時代の儚く美しいジュイ更紗×紫ストライプのピケ 50×71

価格 : 0円(税込)

SIZE:50×71センチ

数量 : 売り切れました。merci


ああ いいなあと思ったジュイ更紗×
紫ストライプのピケです。

以前両面19世紀と説明しました
紫ストライプの綿布はもっと時代があって
18世紀後期〜18世紀末頃のフランス小紋柄。
ジュイ更紗は1850年前後のものでN3の初期の頃のものだと思います
(一部 捺印の技法に古い時代のものがみられますので
もう少し時代があるかもしれません )

片面:葡萄とかたつむりとロワゾー(鳥)・蜂が美しい
ジュイ更紗の意匠の綿布です。
フランス人の好む意匠がびっしり詰まった感で
色目は合成ではなくGARANCEもしくは
他の天然染料だと思います

両面ともに とても上質の綿布を使っていて
つるつる すべすべ シルクにも似た肌触りです。
インド渡りの綿布だと思います

総手縫いで
大量生産になる前のジュイ更紗で
葡萄に蜂がとまって蜜をすっている様子や
カタツムリが 木の枝をのろのろ歩いている様子など
フランスのエスプリ効いて とても洒落ていると思います

総手縫い。

こちらの面は 見落としがあるかもしれませんが
ほとんどダメージありません

儚い風情の 美しさがいいなあと思いました。
ノスタルディックな感じがします。

片面:恐らく18世紀後期〜18世紀末頃。

天然染色の紫の色目が美しいストライプの綿布です。
主役はこちらの綿布だと思います

擦れ 擦れから生じた切れ 小さな破れがあります。
他おおきなダメージはなく
この時代の布にしましては 悪くないコンディションだと思います

どこか日本の古布にも通じるフランス更紗です。

中綿もふんわり。
良い香りのするピケで このまますぐ使用できます。

南仏のブルジョワ階級からの出物なので
ピケ・ド・プロヴァンスと呼んでよいと思います

1辺 端処理
3辺 切り離し

このまま3辺を縫って 大判ピケとして・・・

いいなあと思う大き目のピケがどんどん市場に少なくなっていて。
しかも高騰していて・・。
今回も ピケはわずかしか買えませんでしたが
時代・意匠・コンディションともにいいなあと思ったピケです


大切に・・・大切にしてくださる方に・・・