ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 

逸品18世紀 天然染色の美しいフランス更紗×インディゴのキルト 美品

商品名 : 逸品18世紀 天然染色の美しいフランス更紗×インディゴのキルト 美品

価格 : 0円(税込)

SIZE:35×100

数量 : 売り切れました。merci


この布を触って眺めていたら
南仏の当時の情景や空気 風景までも
布から体に沁み込んできて・・・
ああ こういう布が いい布っていうのだなって
そう思った素敵な時間でした


18世紀後期〜19世紀初頭頃
インド渡りの綿が絹の様で
触こると この綿100%のキルトの
すごさがわかると思います

南仏ニームからのうぶだし品の
ピケ・ド・プロヴァンスです。

片面:18世紀後期に製作された インド更紗から洗練されたフランス更紗へと
流れていくその時代のものだと思います
背景がとても凝っているのも特徴です

インディゴ×GARANCEの
手彩色。
手仕事なので たくさん色がはみでていて
一つも同じものが無いのが微笑ましいです
どれほどの時間かけているのでしょうか?
塗り忘れもあって 微笑ましく見入ってしまいました

マロン色なども全て天然染色。
最初アンジェとかミュールーズあたりの花束の布の様にも思えたのですが
裏が当時のニームでよく作っていたインディゴだったので
こちらの面もニームもしくはモンペリエとかその辺りの
南仏の手なのかなって。

総手仕事
糸も同時代のものです
破れや汚れなどない GOODコンディションです

片面:18世紀後期〜19世紀はじめの
ニームの天然インディゴ布2種をパッチしています

インディゴ格子も インディゴストライプも
19世紀後期になってからの手とまったく異なります
リネンでないところが興味深いです

つるつるのさらさら、
綿100%。こちらも印度渡りの綿だと思います

GOODコンディションです
こちらは主役でもよい程の布です

中綿は薄くて
2辺は手縫い処理済み
2辺が切り離し

大きさがありますので
端処理なさって インテリア布としてぜひ・・・

色も面も
心にも体にも優しく癒しの布です
こういう布を もっとたくさん紹介出来ればと思いますが
もうフランスにも残っていないのです

可愛い価格にしていますので
大切に・・・大切にしてくださる方に・・・