ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
 

超レア 2世紀前の美しい 薄紙の様な総手縫いピケ・ブラン

商品名 : 超レア 2世紀前の美しい 薄紙の様な総手縫いピケ・ブラン

価格 : 0円(税込)

SIZE:100×136センチ

数量 : 売り切れました。merci


こんなピケ・ブランが
まだ現代に残っていてくれていたのですね

本当に嬉しい!

1800〜1820年頃
(もしかしたら18世紀末頃かも知れません)
のマルセイユからのウブダシ品の
総手縫いのピケ・ブランです

正真正銘の マルセイユ・キルトです。

印度渡りのコットン100%

当時 船でインドから輸入された
極上の木綿でできています
今の綿とまったく異なる風合いですので
どうぞ すりすりなさって下さいね
光に翳すと 当時の綿の在り方がよくわかると思います
(18世紀〜19世紀初頭の古手の特徴でもあります
中綿が景色もよくわかると思います
19世紀後期以降は この景色はみられません)

まるで薄紙を摘みかねたような風情で
 繊細で美しい在り方
総重量 500gほどで 厚みは極薄で3mmほど。
まるで 天使の羽根の様な ふんわり薄く 軽やか。
これがキルトなんですよね。

jupon用だったのかも知れません
 

モチーフも18世紀後期〜19世紀初頭ごろに
マルセイユでよく用いられた お花などの複数のモチーフを
手縫いされていて マルセイユキルトのお手本のようなキルトです

こういうピケ・ブランをお手本にして
19世紀後期から現代まで マシーンや他の国で
レプリカが多く作られたのだと思います

色は真っ白ではなくなエクリュ色。

端に擦れや 極小の汚れなど ちいさなにダメージはありますが
目立つダメージのない
とても良いコンディションです

糸も 同時代の綿糸で
全てオリジナルで 当時のまま良い状態で残っていてくれた奇跡の様な
ピケ・ブランです

日本でも フランスでも
ここまでのもの 出会う事は もうほとんど無いと思います
マルセイユの ブルジョワ階級のお家からの出物です。