ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
 

逸品19世紀前半 総手縫い 乙女のトラプント(ブロードリー アン ブティ) 美品

商品名 : 逸品19世紀前半 総手縫い 乙女のトラプント(ブロードリー アン ブティ) 美品

価格 : 0円(税込)

SIZE:134×140センチ

数量 : 売り切れました。merci


眺めるだけで楽しいので
遊んで帰ってくださいね
高価だったので 自分のコレクションに
買ったものです

布の宝石と呼ばれている
19世紀前半頃の
マルセイユで作られました
総手縫いの乙女のトラプントです

友人のマルセイユのマダムに譲って頂いた
マルセイユの上流階級からのウブダシ品です
こういう時代がしっかりある極上キルトは
フランスでも も見かける事なくなりました

プロ用の蚤の市で出逢っても
そのほとんどは19世紀後期以降のもので
それでも 同様にとても高価で
ここ数年 もっとも市場にでなくなって
値上がりしているアイテムの一つでもあります


お花やメダイヨンなどのモチーフは全てトラプントの当時の手法。
ブロードリーアン ブティと呼ばれたものです。
カレの部分はピケになります。
光に翳すと ブロードリーアン ブティの部分は
レリーフが浮かび上がっているので わかりやすいと思います
(フランスの文献の通り当時の呼び名で書きました)

端処理のレースは 19世紀後期頃に付けられたと思います

1センチほどの薄い茶シミ(染みではなく 19世紀前半頃までの
キルトは中綿から茶になることがあります)が
数ケ所ありますが
他 ダメージありません
(お洗濯時に出てきたものです)

一度 お洗濯しています


当時のマルセイユキルトの見本の様なレリーフの在り方で
周囲には お花やパニエの花籠が・・・
中央めにはメダイヨンが。
当時 マルセイユの上流階級の娘さんが
プロのお針子さんに頼んで作ってもらった
マリアージュアイテムなので 南仏の幸せのモチーフがたくさん散りばめられています

中綿もふんわり。
インド渡りの当時のオーガニック綿100%

ベッドカバーやソファーカバーなど、
インテリアに・・・

南仏 マルセイユの200年前の潮の香の感じられる
飛び切りの総手縫いキルトです


本当に 美しくて可愛いと思います
ふわふわの マシュマロみたいで・・・
使用感もほとんどありません
保存状態が極めて良かったのだと思います

布の宝石と呼ばれているの わかりますね・・・^^
飛び切り 美しくて可愛らしいと思います

下の3枚が ダメージがわかるように
撮影しています
一番下は 中綿の色がグレーに出ているものです(1ケ所)