ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 

逸品ジュイ更紗 2世紀前 聖母マリアへの祈りのピケ

商品名 : 逸品ジュイ更紗 2世紀前 聖母マリアへの祈りのピケ

価格 : 0円(税込)

SIZE:42×74センチ

数量 : 売り切れました。merci

眺めるだけで楽しいジュイ更紗なので 遊んで帰ってくださいね



19世紀初頭〜前半のジュイ更紗です。
タイトル「INVOCATION A LA VIERGE」

LA VIERGEが聖母マリアですので
「聖母マリアへの祈り」とでも訳すのでしょうか。

幼子を抱いた聖母マリアの在り方、
必死で祈る当時の貴族の在り方、そのコスチューム。
その後ろで 静かに祈る召使の在り方、
まるで1枚の宗教画の様に 美しく繊細に描かれていると思います。

綿100%。
薄手の柔らかなオーガニック時代のコットンです

こういうキリスト教モチーフのジュイ更紗は
製造数とても少なくて、 でも人気が高く
市場には滅多に出てきません。

製作所からと
タイトルからデザイナーがわかればと思ったのですが
わたしでは調べ切れませんでした。
譲って下さったマダムは 18世紀後期のオベルカンフだと
おっしゃっていましたが 検証できませんでした。

以前一度だけ18世紀後期頃の同手に出会ったことがあるのですが
その時のものよりも少し新しく
19世紀初頭〜前半だと思います


パリ西部のブルジョワ階級の街からの出物だという事。
マリア様の意匠や お花の意匠がオベルカンフのものによく似ているという事など
考えましたら オベルカンフもしくは 
タイトルの付け方がルーアンに似ているので
この辺りのフランス北部の布には間違いないと思います

ひょっとしたら 以前のものがオベルカンフで
こちらはルーアンかもと。
もっと勉強しなければ いけないですね

GARANCEの色目も綺麗に残っています

キルトで裏地は 19世紀のLINです
総手縫い

少しの小さなシミや穴
インテリア布として使っていた(ブルジョワの天蓋ベッド飾り)
名残で 上部に留め具跡があります

裏にしみあり
すべて 画像にあります
全体的には とても良いコンディションです 


宗教画の様に額に入れて飾ったり
パネルとしてこのまま 壁に飾るだけで
ノエルの素敵な演出になると思います

自分でも祈りたい布、そして癒しの布だと思います。

 ジュイ更紗がお好きで 大切にしてくださる方に・・・
ちょっと特別なフランス更紗だと思います