ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
 

逸品1780年頃 天然インディゴ×薄ラヴェンダー色の南仏JUPON手縫い花ステッチピケ 美品

商品名 : 逸品1780年頃 天然インディゴ×薄ラヴェンダー色の南仏JUPON手縫い花ステッチピケ 美品

価格 : 0円(税込)

SIZE:126×180センチ

数量 : 売り切れました。merci



眺めるだけで楽しいので
遊んで帰ってくださいね。


18世紀後期〜19世紀初頭までの
(恐らく両面1780年頃の綿布だと思います)
南仏JUPON用のピケの伝統的なステッチの
天然インディゴのJUPON用ピケです

儚く 自然な 甘くない天然染めのラヴェンダー色×天然インディゴのピケ、
フランス人の古布好きさんは みんな大好きだと思います
日本で このスペシャリテの布をご紹介できて 本当に嬉しいです




片面:シンプルな天然インディゴ染め。
手縫いの白糸のカレと花ステッチだけが
チャームポイント。
意匠のない天然インディゴ布のJUPONピケは非常に希少なのですが
すごくいいと思いました

片面:1780年頃の テクニックの
資料にもなる スペシャルな綿布だと思います

地色は 薄ラヴェンダー色。
手描きの線も 濃いラヴェンダーと白。
何て洒落ていて 南仏らしいのでしょう

この時代の天然染色のラヴァンダー色の布は
特に人気があってスペシャリテなので
インディゴ以上に嬉しかった布です

手縫いステッチが インディゴ糸と白色が使われていて
2つの紐通しのホールがあります

JUPON用に作られて 仕立てられず
そのままキルトとして残っていてくれました

製造時の天然インディゴの緑になった色ムラや
天然染の手の甘さ、
経年で 糸のほつれや 小さな茶シミ(洗濯時にできたものです)はありますが
破れや汚れ 大きなダメージのない
GOODコンディションです

230年まえのキルトにしましては
美品です。

JUPON(スカート)用のピケですので
中綿が飛び切り薄く ふわふわ軽く天使の羽根の様です。

何枚もの布を繋げて1枚のキルトにしています
全てが古い時代ならではの景色です。

可愛い価格にしていますので
古布好きさん、キルト好きさんで
大切に・・・大切にしてくださるかたに


ふわんわりベッドカバーやソファーカバー
こたつなどにも。。。


売れ残ったら 自分で買おうと思っていますので
のんびり見てやって下さいね