ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 

逸品1820年頃 南仏総手縫いマリアージュ葡萄モチーフのブティ 超美品 

商品名 : 逸品1820年頃 南仏総手縫いマリアージュ葡萄モチーフのブティ 超美品 

価格 : 0円(税込)

SIZE:146×180センチ(レース含む)

数量 : 売り切れました。merci



食べちゃいたいくらい可愛い
1820〜30年の
マルセイユからのウブダシ品のマリアージュのブティです

世界中にコレクターが多くいて 18世紀後期〜19世紀前半の
大判の良いコンディションのブティは
近年争奪戦になっていて 蚤の市などにはもう出てきません
日本でも なかなかに見る機会が少ないとおもいますので
眺めるだけで楽しいので 遊んで帰って下さいね ^^

中央は カレ、その周囲と端をメダイヨン、
そしてリム全体を繁栄・幸福のシンボル、葡萄のモチーフが
施されています。
こういった単一のモチーフがとても珍しくて
特に大判では個人的に初見でした。
ああ すごくいいですね

総手縫い。

ブルジョワ階級が プロのお針子さんに頼んだもので
テクニックがわかるように 裏面もたくさん画像に撮っています

18世紀後期に VARMICUREの技法が
あまりに難しく製作が大変なので
プロヴァンスの農婦が簡単なランニング・ステッチのブティを考え出しました。
いわゆる ブロードリー・アンブティと呼ばれる技法の初期のものです。

あまり使用感がない
GOODコンディションで 見落としがあるかも知れませんが
目立つダメージありません
完品に近いです

周囲の小花のカットワークは後付けで
恐らく1900年頃に付けられたとおもいます
色目を合わせて 純白の白綿です

ブティなので ふんわり ふわふわで天使の羽根の様に軽く
綿も当時の最高品質のインド渡りのものです
マルセイユから一歩も出ていない 本物のマルセイユキルトの大判ブティは
光に翳すと葡萄モチーフが美しく浮かび上がります

これからの季節 ワインを飲むときに
絵の代わりに窓辺にかけたり
ベッドやソファーカバーに・・・

またテロワールをマリアージュして
コート・ド・プロヴァンスを飲むときや
ノエルの時13デセールを頂くときなどに
クロスにしても・・・

ワインを溢さないようにしなくっちゃ ^^


お洗濯しています

現地価格より可愛い価格にしています
どうぞ大切に・・・大切にしてくださるかたに・・・
本当に よい布だから・・・