ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 

逸品19世紀 お花やメダイヨンが舞う 美しく退廃的なアプリカシオンレースのつけ襟

商品名 : 逸品19世紀 お花やメダイヨンが舞う 美しく退廃的なアプリカシオンレースのつけ襟

価格 : 24,800円(税込)

数量 :


19世紀中期頃。
退廃的で飛び切り美しい
アプリカシオンレースのつけ襟です

シャンパーニュの代々続くメゾンの
親しくさせていただいているマダムに譲って頂きました

買いたいと思うレースのつけ襟には
近年 滅多に出逢えなくなりましたので
眺めるだけでも楽しいので 遊んで帰ってくださいね


恐らく北フランス(ベルギーレースでは無いとおもいます)製作で
ボビンレースの手仕事のお花をアプリカシオンされています
とても複雑な織で 糸を数本使って
幾重の異なるモチーフが重ねられています

糸はリネン100%です

メダイヨンのお花のレゾーだけマシーンだと思いますが
他 手仕事で織られています
経年で 退廃的な色付きがありますが
それさえも 飛び切り素敵な雰囲気なので
漂白などはしていません
このままが いいなあと思いオリジナルのままです

他目立つ大きなダメージはありません


贅沢にたくさんのレースが使われていまるつけ襟です
長さも たっぷりありますので
黒のワンピースの唯一のアクセサリーとして
ノエルの飛び切りのレストランや
お家にお招きされるときなどにも・・・

ただただ美しいと思います
一体 どんな貴婦人が付けていたのでしょうね(^^

SIZE:平置き 57×49
フリーサイズ。

小柄な方でしたら 前方をコサージュやピンで重ねれば
問題なく使えます。
通常の日本人女性でしたら 調整は何もしなくってもよいサイズです。