ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
 

超逸品 18世紀ミュールーズ総手仕事キルト アルザスのミュゼを巡る旅の様な布・・・

商品名 : 超逸品 18世紀ミュールーズ総手仕事キルト アルザスのミュゼを巡る旅の様な布・・・

価格 : 0円(税込)

SIZE:210×240センチ

数量 : 売り切れました。merci



アルザスに布の旅に行って
たくさんのミュゼで たくさんのアルザス布を見ましたが
それらのどんな布よりも 素敵な布に出逢えました


アルザスのミュゼを旅しているような・・・
そんな心持で遊んで帰ってくださいね

18世紀後期〜1825年の
アルザスのキルトの逸品です
両面とも アルザスを代表する綿布のオリジナルで
わくわくするほどに楽しくって ドキドキする程に美しいと思います

片面:1770〜1780年の
ミュールーズの綿布です
そのほとんどが 手描き・手彩色で 布というよりも
綿のキャンバスに描かれた1枚の大きな絵だと思います

オリジナルはこういう在り方だったのですね
19世紀以降はローラーで製作されているので コピーのものは
見たことがあるかと思います

インディゴもしくはパステル
(アルザスは当時トゥールーズからパステルをたくさん買っていました)
の手彩色の濃淡の色目が美しく
GARANCEではなく アルザスでよくみられるROSE色の
天然染色、枝のマロンの天然染色が
華やかでいて シックな まるで水彩画の様な花の意匠の絵画になっています

オーガニックの木綿100%。
まるで絹の様な上質の綿です

アルザス18世紀の逸品です


片面:1820−25年のと本物のトルコ赤の
綿布です

ミュールーズ製作
木版印刷です 

スパイが盗んだ天然のトルコ赤、天然インディゴ、ウコンの
色目が素敵で
合成になってからのトルコ赤とは全く色目が異なります

総手縫い

この1枚で アルザスの18世紀〜の伝統的な手法の
全てが詰まっていると思います

奇跡なのですが
大きなダメージがなく
未使用品もしくはそれに近いのです。
他見落しがあるかもしれませんが
1ケ所だけ 経年で擦れがあります(画像一番下です)
どこかのお城もしくはお屋敷で 大切に・・大切に保管されていたのだと思います

こういう布は いまではもう蚤の市やショップには並んでおらず
コレクターやミュゼの間で取引されるようになりました
もし市場に出てきたら 転売業者さんを通しているので
とんでもないお値段になっています


ウブダシでマルセイユの友人から
譲って頂いたので
現地の価格より可愛い価格にしています

大切に・・・大切にしてくださるかたに

大判で4キロちょっとの重さです
中綿もふわふわで 厚すぎず 薄すぎずの
使いやすいサイズです

宝石や絵画の代わりに・・・

眺めるだけで楽しい たのしい(^^
何度でも眺めにいらして下さいね