ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
 

超希少リヨンのミュゼ展示品 1600年代ダマスク織のROSEシルク布

商品名 : 超希少リヨンのミュゼ展示品 1600年代ダマスク織のROSEシルク布

価格 : 0円(税込)

SIZE:43×119センチ

数量 : 売り切れました。merci



この夏 プロ用の
プロヴァンスのシャトゥ(お城)の
蚤の市で出逢いました1600年代のシルク布です
こういう布を 昔はフランスで製作されていたのだという
資料的役割も果たし 眺めるだけでも楽しいので
遊んで帰ってください

今は無くなったLYONのミュゼの展示だった布。
タグも当時のミュゼのものが そのまま残っています

エチケットは
「toile de soir rose
damasie jaune」

直訳すると「ローズ色のシルクの黄色のダマスク織の布」

14世紀から16世紀にかけての多くのダマスクは単色だったが、
光沢のある模様と、くすんだ素地から構成されていた。
二色のダマスク織は経糸と緯糸の色違いのコントラストを持ち、
中世のダマスク織は通常絹で織られた。

フランス17世紀のダマスク織なので
この文面の様に 中世の絹織物で
華やかなrose色は 当時の新しい感じだったのではないでしょうか?
黄色の織はくすんだ感じで 金色に近い気がします

同時代の王家の洋服のダマスク織が
沈没船から出てきましたが
恐らく こちらのダマスクも教会もしくは王家や貴族の布だと思います

裏はリネンで 時代は同時代もしくは
少し後にあるかも知れませんが18世紀までのものだと思います

古いものですので
修復跡・薄シミ・破れありますが
大きな致命的な目立つダメージはありません

1600年代のフランスの布を
実際に触ったり 飾ったり 使ったりできるって
とても素敵な事だと思い 思い切って買いました。

こういう布があるって知って欲しくって
可愛い価格にしていますが
これぞ本物の古布という在り方です  

ダマスクの織の手も
ピンクの天然染色も 黄色の天然染色も
糸も全部全部 優しくて幻想的で夢物語の様な布だと思います

絵画の代わりに 壁に無造作に飾ったり
額縁に入れたり
本来の布として 何かに使ったり・・・

400年前の布、いかがでしょうか?