ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
古布・リネン・レース
陶磁器(18・19世紀)
陶磁器(20世紀)
キッチン
インテリア
宝石・アクセサリー
宗教・オブジェ
古着・靴・帽子
紙・箱・本etc
MARCHE AUX PUCES
VENDUS
    090-9288-3021

    メールはこちら
2019年 3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
 

19世紀 花嫁さんの可憐なお花とメダイヨンのピケ・ド・マルセイユ(マシーン)

商品名 : 19世紀 花嫁さんの可憐なお花とメダイヨンのピケ・ド・マルセイユ(マシーン)

価格 : 42,800円(税込)

サイズ:180×220

数量 :


南仏1880−1900年頃の

可憐なお花とメダイヨンのモチーフの
ピケ・ド・マルセイユです。(マシーン)

幾重ものモチーフが重なり合っていて
とても美しい在り方です

300年前の本物のピケ・ド・マルセイユが
立体的に表現したいレリーフの両側を1センチに10〜11の目で、
つまり1mmより返し針で縫い
中に細かな紐を通していくあまりに時間とテクニックを要する手法だったので
18世紀後期から もっと簡単な手法のブティが生まれます。

そして19世紀になり産業革命により
機械化がすすみ
手縫いのピケやブティが姿をだんだん消していき
いま 日本で見るアンティークのピケ・ド・マルセイユと呼ばれる布は
 その99%が こうしたマシーンのプレスになっています

時代の変化と共に
仕方のない流れだったのかも知れません

そのマシーン織の中では はじめて見る丁寧な在り方で・・・・
糸の縫い目が見て取れて
お花のアップリケの様な部分など手縫い?と思われるあり方で。
南仏の素敵なモチーフがたくさん散りばめられていて
可愛いマリアージュアイテムだったので
買わずにはいられませんでした。


モノグラムは手刺繍で
100年ちょっと前のマルセイユの花嫁さんが
お嫁入りに持っていったものです

20世紀になってからのマシーン織と
全く手が異なりますので
画像を見て楽しんで帰ってくださいね
特に裏と色の縫い部分の見れる様子が 素晴らしいと思いました


使用感少なく
とても良いコンディションです
持ち運びでわずかな汚れがありかも知れませんが
超美品です。

軽くて 可愛いくって
お洗濯わしゃわしゃできるので
普段使いに・・・