インテリア > 逸品19世紀 木の燭台(可動式) ebeniste(家具職人)の卒業制作

[前の商品] [次の商品] >

逸品19世紀 木の燭台(可動式) ebeniste(家具職人)の卒業制作


静かに 確かに美しいと思いました

19世紀 ebeniste (家具職人)学校の卒業制作品の
完璧なまでに美しい木の燭台です。

フォルム、木の質、コンディション、
色目、底のオクトゴナルのフォルム、
ここまで美しい燭台は初見でした

プロになる前の 生徒の作品は
純粋、無垢、一生懸命さが出ていて
美しい在り方だと思いました

大切に 大切に使われていたようです

蜜蝋が置いてあったのですが
それがよくあっていて
祈りのときにも・・・

多少のキズや汚れはありますが
大きなダメージのないGOODコンディション

下の楕円のエンボスの木を動かすと
上下するので 蝋燭を最期まで使い切れます

SIZE:底の直径11×10.5
蝋燭を置く部分の直径:2
トップのカレの部分の直径:4.3×4.5


































価格 : 0円(税込)
SIZE:口径15.5 立ち上がり2
数量
 

 

お気に入り登録

商品についての問い合わせ